株式会社生命科学インスティテュート
三菱ケミカルホールディングスグループ

再生医療

お知らせ

生命科学インスティテュートは、2017年1月1日付で完全子会社㈱Clioを吸収合併し、同社は解散しました。
旧㈱ClioのMuse細胞を用いた再生医療製品等の研究開発事業は㈱生命科学インスティテュートが承継しています。

Muse細胞とは

「Muse細胞」~再生医療に向けて~

Muse細胞は、2010 年に東北大学の出澤真理教授らのグループにより発見された細胞で、骨髄や皮膚(真皮)などの体内に元々存在し、体を構成する様々な細胞に分化できる幹細胞です。体内にMuse細胞が注入されると傷ついた臓器に集まり組織修復します。また、点滴投与なので体への負担が少ないこと、腫瘍を形成する可能性が低いこと、一つのMuse細胞製剤で多くの疾患に適用可能なことなどのメリットがあります。
生命科学インスティテュートでは、Muse細胞製剤を用いた急性心筋梗塞の臨床試験を2018年1月に開始し、有効性と安全性を確認したのち、さまざまな疾患を対象とした開発へ展開していく予定です。

急性心筋梗塞に適用した場合の概略図

概略図

三菱ケミカルホールディングスグループ

株式会社三菱ケミカルホールディングス
三菱ケミカル株式会社
田辺三菱製薬株式会社
株式会社生命科学インスティテュート
大陽日酸
Page Top