株式会社生命科学インスティテュート
三菱ケミカルホールディングスグループ

社長挨拶

代表取締役社長 木曽 誠一

 株式会社生命科学インスティテュート(Life Science Institute, Inc.略称LSII)は、株式会社三菱ケミカルホールディングス(略称MCHC)グループのヘルスケア事業の強化・拡充を図るため、2014年4月1日に発足しました。これまでMCHCグループにおいてヘルスケア関連事業を担ってきた、株式会社LSIメディエンス、株式会社エーピーアイコーポレーション、クオリカプス株式会社、健康ライフコンパス株式会社の4社を、生命科学インスティテュートのもとで一体運営してまいります。

 少子高齢化の進行を背景に、医療費の抑制は今や社会的・政治的な要請となっています。「健康であり続ける社会」の実現こそが、誰もが納得し得る解決方法であり、望まれる社会の姿であると考えます。そのために、患者さんの負担を軽減しながら効率よく疾病を治療するだけではなく、発病を予防する、もしくは発症前期に発見し重症化させないことが必要です。私たちは健康を願う全ての方々や病に苦しむ方々と共に戦うパートナーとして、「健康であり続ける社会」を実現するための総合的なヘルスケアソリューションを提供してまいります。具体的には、カプセル製造、医薬原薬・中間体の製造、治験などの「創薬・製薬支援事業」、臨床検査、診断薬、健康セルフチェックなどの「健康・医療ICT事業」、再生医療、遠隔医療、在宅医療などの「次世代医療事業」の領域で事業を推進し市場を切り拓いてまいります。

 事業展開にあたっては、コアとなる競争力を維持しつつ、自社にない技術や得意分野を持つ他社と研究開発及びビジネスレベルでコラボレーションする「オープン・シェアード・ビジネス」(OSB)の考え方に基づき、アライアンス&イノベーションを推進します。傘下の4社、またMCHCグループ各社の英知を結集し、協奏によるシナジー創出を図るほか、グループ外企業との戦略的提携を進め、スピード感を持って新たな付加価値の創造と高い競争力の維持を実現していきます。

 患者さんと、そして健康を願う全ての方のパートナーとして――。LSIIは、QOL(Quality of Life)の向上に努め、誰もが健やかで安らぎのある生活を送れるような
社会をつくり、KAITEKI社会の実現を目指してまいります。

代表取締役社長
木曽 誠一

三菱ケミカルホールディングスグループ

株式会社三菱ケミカルホールディングス
三菱ケミカル株式会社
田辺三菱製薬株式会社
株式会社生命科学インスティテュート
大陽日酸
Page Top